外壁塗装の費用相場はいくら?

外壁塗装や屋根塗装は、相見積もり + 助成金の活用で合計50万円もお得に!

多くの場合、各自治体から支給される助成金額は10万円~20万円程度となります。
一部の自治体では、30万円というところも。

つまり、相見積もりと助成金で最大で50万円も工事料金が変わる可能性があるのです。

相場より50万円以上安くなる?!

目次

外壁塗装の費用相場はいくら?

外壁塗装を考えた時に、一番気になるのは費用ではないでしょうか。

ですが、外壁塗装の費用はいくらぐらいかかるのか、わからない人も多いと思います。

業者に見積り依頼をして、思ったより高額な金額を提示されても、相場がわからなければ見積もり金額が適正なのかどうかも判断できないでしょう。

そこで、外壁塗装の費用相場について紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

外壁の塗装の費用相場は?

外壁の塗装の費用相場は、塗装する面積によって異なります。
ただし、あくまでも相場なので、費用をだいたい把握する時に役立てて下さい。

坪数ごとの費用相場は、以下の通りです。

坪数塗装面積費用相場
10坪36.9㎡約20~50万円
20坪79.2㎡約40~90万円
30坪118.8㎡約60~100万円
40坪158.4㎡約80~130万円
50坪198.0㎡約90~160万円
60坪237.6㎡約120~200万円
※上記で記載した坪数は、建物の全ての階の床面積を合計した面積を坪数にしたものです。

つまり、1階の床面積が20坪で2階建ての場合は2倍の40坪、1階の床面積が10坪で3階建ての場合は3倍の30坪の部分を参考にして下さい。

塗装面積ですが、建物の全ての階の床面積を合計した面積に1.2をかけると、求められるとされています。

1坪は約3.3㎡なので、建物の全ての階の床面積を合計した面積が40坪の塗装面積は、以下の式で求めることができます。

40坪×3.3×1.2=158.4㎡

建物の全ての階の床面積を合計した面積が40坪の塗装面積は、158.4㎡になります。

業者に見積り依頼をした場合、「坪」ではなく「㎡」で記載されるので、計算の仕方を知っておくと便利です。

どうして費用相場に幅があるの?

外壁の塗装の費用相場を紹介しましたが、どうしてあんなにも相場に幅があるのでしょうか?

使う塗料の違い

塗料はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素塗料などの種類があり、それぞれ耐久年数や特徴が異なります。
当然、1缶あたりの費用にも違いがあるのです。

外壁の素材や劣化状況、階数や附帯物の数、窓の数や大きさ

外壁の素材や劣化状況、階数や附帯物の数、窓の数や大きさが外壁塗装の費用を変動させる要因です。

外壁の素材によって塗装費用は上がりますし、劣化状況によっては塗装前に補修が必要になるため、補修部分の費用が発生します。

階数や付帯物の量

階数が多いと足場の量が増えるので費用が上がりますし、附帯物が多くなれば費用に少なからず影響が出ます。

附帯物は、雨どいや雨戸、換気フードやベランダ、玄関のひさしやデッキなどのことで、外壁塗装の際に一緒に塗装することが多いのです。

人件費の違い

人件費も、費用相場の変動に関わっています。
ベテランになればなるほど人件費が高くなるので、経験が豊かな職人が多いと費用も高くなります。

外壁塗装の費用相場はいくら?
  • 費用相場は、塗装する面積によって異なる
  • 使う塗料の種類、外壁の素材や劣化状況、階数や附帯物の数、窓の数や大きさも影響する
  • ベテランになるほど人件費が高くなる

外壁塗装の費用を安くするコツはあるの?

外壁の塗装をした際の費用相場や相場に幅がある理由について、紹介しました。

では、費用を安くするコツはあるのでしょうか?

費用を安くするコツについて紹介します。

複数の業者に見積り依頼をする

相見積もりとは、複数の業者に外壁塗装などの見積り依頼をすることです。

これにより、10万円~数十万円ほど費用を抑えられます。

複数の業者に見積り依頼をすると費用を比較することができ、その中から最も安い業者を探すことができます。

また、1社にしか見積もり依頼をしないと、見積もり金額が相場と比べて高いのか安いのか判断できずに、高額な見積金額でも依頼してしまうかもしれないので、見積り依頼は複数の業者に依頼しましょう。

助成金・補助金を利用する

全ての自治体であるわけではありませんが、自治体の中には外壁の塗装工事をすると助成金・補助金をもらうことができるところもあります。

多くの場合、各自治体から支給される助成金額は10万円~20万円程度となります。
一部の自治体では、30万円というところもあります。

自治体によってもらえる条件が異なるので、工事が始まる前に今住んでいる自治体の助成金・補助金制度を調べてみてください。

※必ず外壁塗装工事を始める前に条件を確認して申請をしましょう。
助成金もしくは補助金をもらう基本的な条件として、「外壁塗装工事を始める前」に助成金か補助金制度に申請することとなっているからです。

夏や冬に依頼する

外壁の塗装は気温や湿度などの条件から春や秋に行われることが多く、この時期は繁忙期といわれています。

逆に夏や冬は塗装工事の依頼があまり多くないので、閑散期といわれています。

閑散期は職人が空いていることがあるので、割引されていることが多く、費用を抑えることができるでしょう。

外壁塗装の費用を安くするコツは?
  • 複数の業者に見積もりを依頼し料金を比較する
  • 助成金・補助金を利用する
  • 閑散期の夏や冬に依頼する

外壁塗装の費用相場と安くするコツについて、紹介しました。

費用相場がわかれば、見積り金額が適正なのかどうか判断することができます。

しかし、より正確な費用相場を知るためにも複数の業者に見積り依頼をして金額を比較し、自分の家の外壁塗装の費用相場を把握することが大切です。

住んでいる自治体によっては、助成金・補助金をもらえるかもしれないので調べてみましょう。

外壁塗装を安く抑える方法

外壁塗装は築10年を越えたら!

築10年を超えている場合や、自宅の外壁が次のような状態になっている場合は、助成金と相見積もりを活用して外壁塗装をすることをおすすめします。

外壁塗装をしたほうがいいケース
  • 外壁に剥がれている部分やひびが入った部分がある
  • 外壁に錆びが浮いている
  • 外壁にシミや色褪せがある
  • 外壁に苔や藻、カビが発生している
  • 外壁に触ると手に粉がつく

放っておくと家の劣化を招き、下記のようなトラブルが発生する可能性も。

外壁塗装を放置した場合に発生するトラブル
  • すきま風が入ってくる
  • 雨漏りが発生する
  • 築年数以上に古い印象を与える
  • 災害時に大きな被害を受ける可能性がある
  • 家の資産価値が下がる

すき間風や雨漏りが発生すると快適に過ごせなくなるだけでなく、家の耐久性を損ね、地震や台風などの災害時に大きな被害をもたらす可能性があります。

実際の築年数よりも古びた印象を与えるうえ、耐久性の問題から資産価値も下がります。
それでも何の手も打たないでいると劣化が進行し、修理しようと思った時には多額の費用がかかることに・・

助成金や相見積もりで
相場より50万円安くなる?!

相見積もりをして適正な金額に!

外壁塗装は高額になるというイメージがありますが、ほとんどの場合、相場より高く提示されていることが多いです。
理由としては、外壁塗装は下請けが多い業界の為、特に訪問販売の場合には、営業マンの報酬が30%も上乗せされる構造になっています。

その場での「言い値」で高額になってしまうことが多く、「年間1万件以上」ものクレームが発生・・

そのため、「相見積もりを取って適正な価格に戻す」ということが重要となってきます。

つまり、塗装業者の相見積もりをすることで、
10万円~数十万円ほど費用を抑えられます。

助成金や補助金を活用しよう!

更に、外壁塗装は、自治体や国から助成金や補助金をもらえる可能性が高いです!

多くの場合、支給される助成金額は
10万円~20万円程度

自治体によっては
最大30万円ほど支給されるケースもあります。

相見積もり + 助成金の活用で
合計50万円もお得に!

相見積もり+助成金を活用した場合
▼こんなにお得に! ▼

なんとトータルで、
50万円もお得に!

助成金・相見積もりサービス
【ヌリカエ】を活用しよう!

ですが、それぞれの自治体で対象となる工事や金額、申請方法は異なるので、自分で助成金を調べたり、相見積もりをとったりするのは、とても難しく面倒な作業となります。

そんな場合に利用したいのが、「助成金・相見積もりサービス【ヌリカエ】」です!

塗装業界に精通した専門オペレーターに相談できるので、誰でも簡単に最もお得な方法がわかります!

ヌリカエの利用をおすすめするケース
  • 助成金の有無を調べる時間がない
  • 外壁塗装の相場が分からない
  • 優良業者と悪徳業者の見分けがつかない
  • 技術力の高い業者に適正価格でお願いしたい
  • 外壁塗装について詳しくないので、色々な内容を聞きたい

ヌリカエは上記の悩みを一気に解決!
自分が住む自治体の助成金についても調べてくれます。

また、技術力に定評のある優良業者を選び、相見積もりを取るので安心です!
外壁塗装に関する疑問や不安についても、相談に乗ってくれます。

【ヌリカエ】のサービスは無料!

「確かに便利なサービスだけど、その分、利用料が高いのでは?」と不安に思うかもしれませんが、ご安心ください!

ヌリカエは利用料や手数料がかからない、無料のサービスです。

運営会社も「上場企業」であるため、安心してご利用いただけます。

外壁塗装の適正価格や業者のよしあしが分からないまま自分で探すと、悪徳業者に引っかかってしまう可能性も・・

そうならないよう、まずは外壁塗装で頼りになる「ヌリカエ」に相談しましょう!

ヌリカエのメリット
  • 利用料や手数料が無料
  • 自治体の助成金の有無が確認できる
  • 相見積もりができる
  • 質の高い業者を見つけることができる
  • 上場企業なので安心

※助成金はそれぞれの自治体で予算や期限が異なるので、早めに「ヌリカエ」に相談しましょう!

相場より50万円以上安くなる?!

目次