サイディング外壁の塗装費用や塗装時期は?

外壁塗装や屋根塗装は、相見積もり + 助成金の活用で合計50万円もお得に!

多くの場合、各自治体から支給される助成金額は10万円~20万円程度となります。
一部の自治体では、30万円というところも。

つまり、相見積もりと助成金で最大で50万円も工事料金が変わる可能性があるのです。

相場より50万円以上安くなる?!

目次

サイディング外壁の塗装費用や塗装時期は?

サイディング材は、外壁材の中でも最も人気です。

サイディング材そのものには防水性能がないので、定期的に塗装する必要があるのですが、どのタイミングで塗装して費用がいくらかかるのか、知らない人も多いでしょう。

そこで、サイディング外壁の塗装費用や塗装時期について、紹介します。

サイディング外壁の塗装費用は?

サイディング外壁は、他の外壁材よりも安くデザイン性が高い特徴があります。

耐久性も高いので、業者から塗装は必要ないと言われた人もいるかもしれません。

ですが、サイディング外壁は定期的に塗装する必要があります。

なぜサイディング外壁を塗装するのか?

サイディング外壁には、「窯業系(ようぎょうけい)サイディング」「金属系サイディング」「木質系サイディング」「樹脂系サイディング」の4種類があります。

どれも耐久性は高いのですが、下表のとおり、それぞれにデメリットもあります。

サイディング外壁の種類デメリット
窯業系サイディングセメントがベースなので塗装で防水性を高める必要がある
金属系サイディング塗装がはげた時に再塗装しなければ錆びる可能性がある
木質系サイディング水に弱く、塗装して防水性を高める必要あり
樹脂系サイディング施工できる業者が少なく、国内ではあまり普及していない

サイディング材にはそれぞれデメリットがあるので、補うためにも塗装は必要です。

新築の時に塗装したとしても雨風や紫外線にさらされていれば、時が経つにつれ少しずつ劣化してしまうので、また塗装しなければなりません。

劣化しているのに、そのまま放置していると塗装した時にできる塗膜が徐々にはがれてきます。

塗膜がはがれるとサイディング外壁がむき出しになり、雨風や紫外線などに直接さらされてしまい、錆びたり水分を吸収してしまったりします。

サイディング外壁の寿命を延ばすためにも、定期的に塗装しましょう。

サイディング外壁の塗装費用はいくらぐらい?

サイディング外壁に塗装した時の費用はいくらぐらいになるのでしょうか?

30坪の家だと、サイディング外壁の塗装費用は60~100万円ほどになります。

費用に幅があるのは、塗料の種類や外壁の劣化状況によってかかる費用が違うためです。

1㎡あたりの塗装費用の目安は、下表の通りです。

塗料 1㎡あたりの塗装費用 耐久年数
 ウレタン塗料約1,700~約2,500円7~10年
 シリコン塗料約2,100~約3,500円10~15年
 フッ素塗料約2,000~約5,000円15~20年

ウレタン塗料を使えば塗装費用は抑えられますが、耐久年数が短いので長く住むつもりであれば、耐久年数が高いシリコン塗料やフッ素塗料にしましょう。

サイディング外壁の塗装費用を抑えたい場合は、助成金または補助金に申請してみてください。

助成金または補助金は大きく分けて、「省エネリフォーム」と「一般的な住宅リフォーム」の2種類があります。

サイディング外壁に断熱機能や遮熱機能がある塗料を塗装した場合は、省エネにつながるので、省エネリフォームの助成金や補助金がもらえる可能性があります。

一般的な住宅リフォームの助成金や補助金は、自治体によって条件が異なるので今住んでいる自治体のホームページや窓口で条件を確認して下さい。

ただし、全ての自治体で助成金や補助金がもらえるわけではありません。

助成金や補助金の制度が全くない自治体もあるので、サイディング外壁に塗装する前にしっかりと調べましょう。

サイディング外壁の塗装費用は?
  • サイディング外壁は4種類あり、どれも耐久性が高い
  • 30坪の家だと、サイディング外壁の塗装費用は60~100万円ほど
  • 長く住む場合は、耐久年数が高いシリコン塗料やフッ素塗料がおすすめ
  • 費用を抑えたい場合は、助成金や補助金制度を利用する

サイディング外壁の塗装時期は?

サイディング外壁に塗装をする理由や塗装費用について、紹介しました。

では、サイディング外壁の塗装時期とはいつなのでしょうか?

自分で外壁の劣化状況を判断する方法とあわせて、解説します。

サイディング外壁の塗装時期はいつ?

サイディング外壁は、10年~15年ごとに塗装するのがおすすめです。

しかし、家がどのような環境にあるかによって塗装時期は変わってきます。

たとえば、道路沿いに家があると排気ガスの汚れがつきやすく、塗装時期は短くなります。

サイディング外壁の劣化を判断するには?

塗装時期は10年~15年と紹介しましたが、自分でどのくらい外壁が劣化しているか判断できたら、最適なタイミングで塗装できますよね。

サイディング外壁の劣化状況を判断する方法について、紹介します。

まずは、サイディング外壁の色がくすんできたり薄くなっていたりした場合は塗膜が劣化してきている合図なので塗装を検討しましょう。

また、外壁を直接手で触った時に白い粉っぽいものがついたら、チョーキングといわれる現象が起きているので塗装しましょう。

白い粉は、塗料の中の顔料が粉状になったもので、白亜化現象とも言われています。

サイディング外壁の塗装時期は?
  • 10年~15年ごとに塗装するのがおすすめ
  • 色がくすんだり、薄くなったりしている場合は、劣化の合図になる
  • チョーキング現象が起きている場合

サイディング外壁は、耐久性が高い特徴がありますが外壁の寿命を延ばすためにも塗装は必要です。

しかし、塗装された外壁は雨風や紫外線にさらされて時間の経過とともに塗装が劣化してしまいます。

そのため10年~15年を目安に再度塗装をする必要があるですが、費用はそれなりにかかります。

助成金・補助金制度を上手く利用して、塗装費用を安くしましょう。

外壁塗装を安く抑える方法

外壁塗装は築10年を越えたら!

築10年を超えている場合や、自宅の外壁が次のような状態になっている場合は、助成金と相見積もりを活用して外壁塗装をすることをおすすめします。

外壁塗装をしたほうがいいケース
  • 外壁に剥がれている部分やひびが入った部分がある
  • 外壁に錆びが浮いている
  • 外壁にシミや色褪せがある
  • 外壁に苔や藻、カビが発生している
  • 外壁に触ると手に粉がつく

放っておくと家の劣化を招き、下記のようなトラブルが発生する可能性も。

外壁塗装を放置した場合に発生するトラブル
  • すきま風が入ってくる
  • 雨漏りが発生する
  • 築年数以上に古い印象を与える
  • 災害時に大きな被害を受ける可能性がある
  • 家の資産価値が下がる

すき間風や雨漏りが発生すると快適に過ごせなくなるだけでなく、家の耐久性を損ね、地震や台風などの災害時に大きな被害をもたらす可能性があります。

実際の築年数よりも古びた印象を与えるうえ、耐久性の問題から資産価値も下がります。
それでも何の手も打たないでいると劣化が進行し、修理しようと思った時には多額の費用がかかることに・・

助成金や相見積もりで
相場より50万円安くなる?!

相見積もりをして適正な金額に!

外壁塗装は高額になるというイメージがありますが、ほとんどの場合、相場より高く提示されていることが多いです。
理由としては、外壁塗装は下請けが多い業界の為、特に訪問販売の場合には、営業マンの報酬が30%も上乗せされる構造になっています。

その場での「言い値」で高額になってしまうことが多く、「年間1万件以上」ものクレームが発生・・

そのため、「相見積もりを取って適正な価格に戻す」ということが重要となってきます。

つまり、塗装業者の相見積もりをすることで、
10万円~数十万円ほど費用を抑えられます。

助成金や補助金を活用しよう!

更に、外壁塗装は、自治体や国から助成金や補助金をもらえる可能性が高いです!

多くの場合、支給される助成金額は
10万円~20万円程度

自治体によっては
最大30万円ほど支給されるケースもあります。

相見積もり + 助成金の活用で
合計50万円もお得に!

相見積もり+助成金を活用した場合
▼こんなにお得に! ▼

なんとトータルで、
50万円もお得に!

助成金・相見積もりサービス
【ヌリカエ】を活用しよう!

ですが、それぞれの自治体で対象となる工事や金額、申請方法は異なるので、自分で助成金を調べたり、相見積もりをとったりするのは、とても難しく面倒な作業となります。

そんな場合に利用したいのが、「助成金・相見積もりサービス【ヌリカエ】」です!

塗装業界に精通した専門オペレーターに相談できるので、誰でも簡単に最もお得な方法がわかります!

ヌリカエの利用をおすすめするケース
  • 助成金の有無を調べる時間がない
  • 外壁塗装の相場が分からない
  • 優良業者と悪徳業者の見分けがつかない
  • 技術力の高い業者に適正価格でお願いしたい
  • 外壁塗装について詳しくないので、色々な内容を聞きたい

ヌリカエは上記の悩みを一気に解決!
自分が住む自治体の助成金についても調べてくれます。

また、技術力に定評のある優良業者を選び、相見積もりを取るので安心です!
外壁塗装に関する疑問や不安についても、相談に乗ってくれます。

【ヌリカエ】のサービスは無料!

「確かに便利なサービスだけど、その分、利用料が高いのでは?」と不安に思うかもしれませんが、ご安心ください!

ヌリカエは利用料や手数料がかからない、無料のサービスです。

運営会社も「上場企業」であるため、安心してご利用いただけます。

外壁塗装の適正価格や業者のよしあしが分からないまま自分で探すと、悪徳業者に引っかかってしまう可能性も・・

そうならないよう、まずは外壁塗装で頼りになる「ヌリカエ」に相談しましょう!

ヌリカエのメリット
  • 利用料や手数料が無料
  • 自治体の助成金の有無が確認できる
  • 相見積もりができる
  • 質の高い業者を見つけることができる
  • 上場企業なので安心

※助成金はそれぞれの自治体で予算や期限が異なるので、早めに「ヌリカエ」に相談しましょう!

相場より50万円以上安くなる?!

目次