スレート屋根の塗装費用や塗装時期は?

外壁塗装や屋根塗装は、相見積もり + 助成金の活用で合計50万円もお得に!

多くの場合、各自治体から支給される助成金額は10万円~20万円程度となります。
一部の自治体では、30万円というところも。

つまり、相見積もりと助成金で最大で50万円も工事料金が変わる可能性があるのです。

相場より50万円以上安くなる?!

目次

スレート屋根の塗装費用や塗装時期は?

自分の家の屋根を見て、そろそろ塗装しようか考えている人もいるでしょう。

屋根材によって塗装費用や塗装時期は異なるのですが、家の屋根がスレート屋根だった場合の塗装費用や塗装時期を知らない人も少なくありません。

そこで、スレート屋根の塗装費用や塗装時期について、紹介します。

スレート屋根の塗装費用は?

スレート材は、軽く安価で耐震性が高いという特徴があるため、屋根に取り付けられる仕上げ材、つまり屋根材として普及率がかなり高いです。

では、スレート屋根を塗装する理由について、解説します。

スレート屋根は定期的に塗装する必要がある

スレート屋根は、工場で作り出された時には塗られた塗料が乾いて硬化し、塗膜という膜で覆われて水分をはじく効果があります。

しかし、水分をはじいていた塗膜は時間の経過とともに劣化してしまい、スレート屋根の表面から水分を吸うようになってしまうのです。

水分を吸ってしまうと、スレート屋根に苔やカビが発生しやすくなります。

また、水分を吸ったスレート屋根は、晴れの日に水分が蒸発してしまいます。

雨が降るとまた水分を吸い、晴れると水分が蒸発を繰り返すため、屋根自体が反ってしまうこともあるのです。

反ってしまった場合は塗装では治らないので、屋根材を交換する必要があります。

そのため、定期的に塗装してスレート屋根を保護しなくてはいけないのです。

スレート屋根の塗装費用はどのくらいかかる?

スレート屋根を保護するために塗装しますが、塗装費用はどのくらいかかるのでしょうか?

30坪の2階建ての家だと、スレート屋根の塗装費用は40~60万円ぐらいになります。

費用に幅があるのは、塗料の種類や屋根の劣化状況、傾きによってかかる費用が違うためです。

1㎡あたりの塗装費用の目安は、下表の通りです。

塗料 1㎡あたりの塗装費用 耐久年数
 ウレタン塗料約1,700~約2,500円約7年
 シリコン塗料約2,100~約3,500円約12年
 フッ素塗料約2,000~約5,000円約15年

同じ塗料でもグレードがあるので、塗装費用に幅ができてしまいます。

高い塗料ほど耐久年数は長いのですが、その分費用がかかります。

また、塗料によって特徴が異なるので塗装する際は、どの塗料にするのかよく考えましょう。

スレート屋根の塗装費用を抑えたい場合は、助成金または補助金制度の利用を考えてみてください。

断熱機能や遮熱機能がある塗料を塗装した場合は、省エネを目的としたリフォーム補助金事業の補助金が自治体からもらえる可能性があります。

断熱機能や遮熱機能がある塗料を塗装しない場合でも、屋根のリフォーム資金助成に当てはまることがあり、自治体によっては子育て世代や地元の業者に依頼することを条件としている場合もあります。

しかし、助成金または補助金制度がない自治体もあるので、今住んでいる自治体のホームページや窓口で助成金または補助金の制度があるか、あるなら助成金または補助金をもらうための条件や申請の手順をスレート屋根の塗装前に調べてみてください。

なぜなら、申請する際の条件の一つに、施工前であると書いてあることが多いためです。

スレート屋根の塗装費用は?
  • スレート屋根は定期的に塗装する
  • 沿った場合は屋根材を交換する必要がある
  • 塗装費用は40万円~60万円ぐらい
  • 塗料の耐久年数が長いほど、費用は高くなる
  • 助成金、補助金制度を利用すると、費用を抑えられる可能性がある

スレート屋根の塗装時期は?

スレート屋根を塗装する理由や塗装費用について、紹介しました。

では、スレート屋根のベストな塗装時期とはいつごろなのでしょうか?

自分で屋根の劣化状況を判断する方法とあわせて、解説します。

スレート屋根の塗装時期はいつごろ?

スレート屋根は、10年前後を目安に塗装をするのがおすすめです。

しかし、年数ではなく自分でスレート屋根の劣化状況を確認して塗装するのがおすすめです。

なぜなら、家が雨の多い地域や海の近くにあった場合、スレート屋根の劣化がもう少し早い可能性があるからです。

スレート屋根の劣化を判断するには?

塗装時期は10年前後と上記で紹介しましたが、自分で屋根の劣化状況を判断できたら、ベストなタイミングで塗装できますよね。

スレート屋根の劣化状況を判断する方法は、以下のようになります。

まずは、スレート屋根の色が新築の時よりもくすんだような色に変わったら、塗装する目安になります。

色が薄くなるのは、塗膜が劣化し始めているからです。

また、スレート屋根にカビや苔が発生した場合は、塗膜がはがれ防水効果がなくなっている可能性があります。

苔が広がると見た目が悪いのですし、水分をさらに吸収してストレート屋根の劣化を促してしまいます。

高圧洗浄機で洗い流した後に、塗装を行いましょう。

スレート屋根の塗装時期は?
  • スレート屋根は10年前後を目途に塗装する
  • 屋根の色がくすんだ色に変化したら、塗装のサイン
  • カビや苔が発生した場合

新築の時に塗装され防水効果が高くなったスレート屋根は、時間の経過とともに劣化し防水機能が落ちてしまうので、定期的に塗装する必要があります。

塗装時期は10年前後を一つの目安としますが、住んでいる地域の環境や天候状況によってはもう少し早くなってしまうかもしれません。

スレート屋根を塗装際は、条件を満たしている助成金・補助金制度に申請して、助成金・補助金をもらい塗装費用を安くしましょう。

屋根塗装を安く抑える方法

屋根塗装は築10年を越えたら!

Damage caused by damp and moisture on a ceiling

築10年を超えている場合や、自宅の屋根が次のような状態になっている場合は、助成金と相見積もりを活用して屋根塗装をすることをおすすめします。

屋根塗装をしたほうがいいケース
  • 屋根に錆びが浮いている
  • 屋根の色が褪せてきた
  • 屋根の汚れが目立つようになってきた
  • 屋根にカビやコケが生えている
  • 屋根の塗装が剥がれてきた

新築から10年ほど経つと、屋根に上記のようなトラブルが発生しやすくなります。
上記を放っておくとこんなトラブルが発生する恐れも・・・。

外壁塗装を放置した場合に発生するトラブル
  • 水切れが悪くなり屋根がもろくなる
  • 雨漏りが発生し、柱や床が腐る
  • 地震や台風などの災害時に家屋が倒壊する恐れがある
  • アレルギーや肺炎などの病気を引き起こす
  • 家の資産価値が下がる

「ウチの屋根、汚れているなぁ」など心当たりがある場合には、屋根塗装がおすすめです!

屋根塗装は相見積もりや助成金・補助金で、相場より50万円安くなる?!

相見積もりで「適正価格」に!

屋根塗装は相場よりも大幅に高い見積もり金額を提示する業者が多いイメージがあります。
これにはカラクリがあり、特に訪問販売の場合は営業マンの報酬として30%ほどの費用が加算されるためです。
高額な工事で質が悪く、クレームになることも。。(※年間1万件以上のクレーム)

そこで登場するのが「相見積もり」です。
「相見積もりを取って適正な価格に戻す」ということが重要となります。
これにより、10万円~数十万円ほど費用を抑えられます。

相見積もりには適正な価格で依頼できるほかに、以下のメリットがあります。

相見積もりのメリット
  • 相場感が把握できる
  • 信頼のおける業者さんが見つかりやすい
  • より良い提案をもらえる

助成金・補助金で20万円費用が安くなる!

実は、屋根塗装は助成金・補助金の申請ができます!
相見積もりに加えて助成金を活用すれば、工事費をさらに抑えることが可能となります。

屋根塗装に対し助成金を出している自治体もあり、これを活用すれば、最大10~20万円ほど工事費がお得になります。
つまり、相見積もりで30万円お得+助成金で20万円50万円お得になることも!
助成金は返済不要なので、費用を抑えたい方にもピッタリです。

少しでもお得にするために、早めに申請して活用しましょう。

相見積もり + 助成金の活用で
合計50万円もお得に!

相見積もり+助成金を活用した場合
▼こんなにお得に! ▼

なんとトータルで、
50万円もお得に!

助成金・相見積もりサービス
【ヌリカエ】を活用しよう!

助成金の有無や条件、評判のいい業者を自力で探すのは大変です。
時間も手間もかかり、忙しい方には難しいでしょう。

そうした場合におすすめするのが、便利な無料サービスの「ヌリカエ」!!

下記に該当する場合は特に利用をおすすめします。

こんな方にヌリカエはお勧め!!
  • 手間をかけずに相見積もりを取りたい
  • 助成金について調べる時間がない
  • 悪徳業者と優良業者の見分けがつかない
  • 屋根塗装に関するさまざまな疑問や不安を解消したい
  • 確かな技術のある業者に依頼したい

ヌリカエは、お住まいの自治体で申請可能な助成金について調べてくれます。


また、優良業者の中から相見積もりを取るため、悪質な業者に依頼するリスクもありません。
屋根塗装に関するさまざまな質問に答えてくれるため安心です。

利用料も無料なので、屋根塗装をお考えの場合には、まずは「ヌリカエ」に気軽に相談しましょう!

ヌリカエのメリット
  • 利用料や手数料が無料
  • 自治体の助成金の有無が確認できる
  • 相見積もりができる
  • 質の高い業者を見つけることができる
  • 上場企業なので安心

※助成金はそれぞれの自治体で予算や期限が異なるので、早めに「ヌリカエ」に相談しましょう!

相場より50万円以上安くなる?!

目次