屋根塗装の助成金・補助金とは?もらえる条件や申請の流れ

外壁塗装や屋根塗装は、相見積もり + 助成金の活用で合計50万円もお得に!

多くの場合、各自治体から支給される助成金額は10万円~20万円程度となります。
一部の自治体では、30万円というところも。

つまり、相見積もりと助成金で最大で50万円も工事料金が変わる可能性があるのです。

相場より50万円以上安くなる?!

目次

屋根塗装の助成金・補助金とは?もらえる条件や申請の流れ

家で最も負担が大きい部分はどこかと考えたときに、最初に頭に浮かぶのは屋根ではないでしょうか。

家を守るためにも屋根の塗装を検討する人もいるでしょうが、費用がかなりかかります。

そこで、屋根塗装の助成金・補助金がもらえる条件や申請の流れについて紹介するので、参考にしてください。

屋根塗装の助成金・補助金とは?

屋根塗装にかかる費用の一部を助成または補助してくれる制度があるとしたら利用したいですよね。

屋根塗装の助成金・補助金とは、紹介します。

屋根の塗装で助成金・補助金がもらえるの?

屋根の塗装をするだけで助成金・補助金がもらえるのか気になりますよね。

助成金・補助金は、特定の条件を満たすことで自治体からもらうことができます。

助成や補助なので、返す必要がありません。

ただし、助成金・補助金がない自治体もありますし、自治体によって内容や条件も異なります。

屋根の塗装を行う前に、まずは今住んでいる自治体などで実際に行われている助成金・補助金の制度について調べてみましょう。

屋根塗装の助成金・補助金の制度

助成金・補助金制度は「省エネリフォーム」に当てはまる場合と「住宅リフォーム」に当てはまる場合の2つがあります。

「省エネリフォーム」と「住宅リフォーム」の2つの助成金・補助金について、紹介します。

省エネリフォームに当てはまるのは、遮熱機能のある塗料を屋根に利用した場合です。

遮熱効果の高い塗料を使用すると、屋根が太陽光を反射しやすくなります。

そのため、夏でも室内の温度上昇が軽減されエアコンの使用頻度を抑えられます。

このことが、省エネにつながるのです。

住宅リフォームに当てはまるのは、省エネ以外のリフォーム塗装が対象です。

リフォーム塗装は、条件さえ合えば申請ができます。

自治体によっては、子供がいる世帯や若年世帯、地元の業者に依頼した場合などに対して制度を設けている場合もあります。

気をつけなければいけないのは、助成金・補助金は申請期限が決まっているのですが、予算の上限に達した時点で申請期限より早く終了してしまいます。

屋根の塗装で助成金・補助金を利用しようと考えているのであれば、早めに申請してください。

屋根塗装の助成金・補助金とは?
  • 特定の条件を満たすと助成金・補助金がもらえる
  • 自治体によって条件や制度の有無に違いがある
  • 省エネリフォームに当てはまるのは、遮熱機能のある塗料を屋根に利用した場合
  • 住宅リフォームに当てはまるのは、省エネ以外のリフォーム塗装が対象
  • 申請期限があっても、予算の上限に達すると申請が終了してしまうため注意

助成金・補助金がもらえる条件や申請の流れ

屋根塗装の助成金・補助金について紹介しました。

屋根の塗装をした場合にもらえる助成金・補助金の条件や申請の流れはどのようになっているのでしょうか?

助成金・補助金がもらえる条件や申請の流れについて、紹介します。

助成金・補助金がもらえる条件

屋根塗装の助成金・補助金をもらえる条件は自治体によって異なります。

各自治体で共通している条件として、屋根塗装の着工前、自治体に家がある、税金を滞納せず納めている、過去に同様の助成金・補助金を受けていないなどがありますが、詳細な条件は制度によって違うので詳しくは、自治体のホームページまたは窓口などで確認してください。

助成金・補助金の申請の流れは?

条件についてはわかりましたが、助成金・補助金の申請の流れはどのようになっているのでしょうか。

基本的な助成金・補助金の申請の流れを紹介しますが、流れの順番は各自治体によって異なるのでホームページまたは窓口で確認して下さい。

申請は次の4ステップで行います。

STEP
助成金・補助金を調べる

住んでいる自治体の助成金や補助機制度を調べる

STEP
申請する

着工前に助成金や補助金の申請を行う

STEP
各種書類を提出する

見積書や契約書等、自治体が指定する書類を提出する

STEP
交付額が確定

交付額が確定し、助成金等が支払われる

最初に、今住んでいる自治体などの助成金・補助金制度を調べます。

なぜなら、単純な屋根の塗装だけでは利用できる制度は、ほぼ見当たらないからです。

制度の内容を確認して、申請できそうな制度があれば自治体に確認しましょう。

次に、着工前に助成金・補助金の申請をします。

上記でも書きましたが、助成金・補助金の条件の一つとして屋根塗装の着工前に申請を行う必要があるからです。

屋根塗装の見積書や契約書、自治体で配布している申請書などの書類を準備し、自治体に提出します。

その後、申請した書類に不備が無ければ交付決定通知書が届いて、屋根の塗装工事が始まります。

工事は、見積書通りに進めなければならず、変更する場合は自治体に問い合わせて変更手続きを行いましょう。

屋根の塗装が完了したら、助成金・補助金を交付してもらうための請求書や完了報告書などを自治体に提出しますが、他にも屋根の塗装前の写真や塗装後の写真、見取り図や平面図などが必要になることがあるので、自治体のホームページで確認しましょう。

最後に完了報告書などの書類を内容に問題がなく全てそろえて提出できたら交付額の確定通知書が届き、申請した助成金・補助金が振り込まれます。

自治体にもよりますが、振り込まれるまで約1ヶ月かかります。

助成金・補助金がもらえる条件や申請の流れ
  • 自治体によってもらえる条件が異なる
  • 流れは自治体によって異なるため、ホームページや窓口で確認
  • 振り込まれるまで約1か月かかる

屋根塗装の助成金・補助金がどのような制度か紹介しました。

まずは、今住んでいる自治体でどのような助成金・補助金制度があるのか調べ、条件や申請の流れなどを確認しましょう。

屋根塗装で助成金・補助金がもらえるのは、省エネリフォームと住宅リフォームの2つです。

単純な屋根の塗装だけでは利用できる制度は、ほぼ見当たりません。

制度の内容を確認して、申請できる可能性がある制度があれば自治体に確認しましょう。

屋根塗装を安く抑える方法

屋根塗装は築10年を越えたら!

Damage caused by damp and moisture on a ceiling

築10年を超えている場合や、自宅の屋根が次のような状態になっている場合は、助成金と相見積もりを活用して屋根塗装をすることをおすすめします。

屋根塗装をしたほうがいいケース
  • 屋根に錆びが浮いている
  • 屋根の色が褪せてきた
  • 屋根の汚れが目立つようになってきた
  • 屋根にカビやコケが生えている
  • 屋根の塗装が剥がれてきた

新築から10年ほど経つと、屋根に上記のようなトラブルが発生しやすくなります。
上記を放っておくとこんなトラブルが発生する恐れも・・・。

外壁塗装を放置した場合に発生するトラブル
  • 水切れが悪くなり屋根がもろくなる
  • 雨漏りが発生し、柱や床が腐る
  • 地震や台風などの災害時に家屋が倒壊する恐れがある
  • アレルギーや肺炎などの病気を引き起こす
  • 家の資産価値が下がる

「ウチの屋根、汚れているなぁ」など心当たりがある場合には、屋根塗装がおすすめです!

屋根塗装は相見積もりや助成金・補助金で、相場より50万円安くなる?!

相見積もりで「適正価格」に!

屋根塗装は相場よりも大幅に高い見積もり金額を提示する業者が多いイメージがあります。
これにはカラクリがあり、特に訪問販売の場合は営業マンの報酬として30%ほどの費用が加算されるためです。
高額な工事で質が悪く、クレームになることも。。(※年間1万件以上のクレーム)

そこで登場するのが「相見積もり」です。
「相見積もりを取って適正な価格に戻す」ということが重要となります。
これにより、10万円~数十万円ほど費用を抑えられます。

相見積もりには適正な価格で依頼できるほかに、以下のメリットがあります。

相見積もりのメリット
  • 相場感が把握できる
  • 信頼のおける業者さんが見つかりやすい
  • より良い提案をもらえる

助成金・補助金で20万円費用が安くなる!

実は、屋根塗装は助成金・補助金の申請ができます!
相見積もりに加えて助成金を活用すれば、工事費をさらに抑えることが可能となります。

屋根塗装に対し助成金を出している自治体もあり、これを活用すれば、最大10~20万円ほど工事費がお得になります。
つまり、相見積もりで30万円お得+助成金で20万円50万円お得になることも!
助成金は返済不要なので、費用を抑えたい方にもピッタリです。

少しでもお得にするために、早めに申請して活用しましょう。

相見積もり + 助成金の活用で
合計50万円もお得に!

相見積もり+助成金を活用した場合
▼こんなにお得に! ▼

なんとトータルで、
50万円もお得に!

助成金・相見積もりサービス
【ヌリカエ】を活用しよう!

助成金の有無や条件、評判のいい業者を自力で探すのは大変です。
時間も手間もかかり、忙しい方には難しいでしょう。

そうした場合におすすめするのが、便利な無料サービスの「ヌリカエ」!!

下記に該当する場合は特に利用をおすすめします。

こんな方にヌリカエはお勧め!!
  • 手間をかけずに相見積もりを取りたい
  • 助成金について調べる時間がない
  • 悪徳業者と優良業者の見分けがつかない
  • 屋根塗装に関するさまざまな疑問や不安を解消したい
  • 確かな技術のある業者に依頼したい

ヌリカエは、お住まいの自治体で申請可能な助成金について調べてくれます。


また、優良業者の中から相見積もりを取るため、悪質な業者に依頼するリスクもありません。
屋根塗装に関するさまざまな質問に答えてくれるため安心です。

利用料も無料なので、屋根塗装をお考えの場合には、まずは「ヌリカエ」に気軽に相談しましょう!

ヌリカエのメリット
  • 利用料や手数料が無料
  • 自治体の助成金の有無が確認できる
  • 相見積もりができる
  • 質の高い業者を見つけることができる
  • 上場企業なので安心

※助成金はそれぞれの自治体で予算や期限が異なるので、早めに「ヌリカエ」に相談しましょう!

相場より50万円以上安くなる?!

目次